女性は更年期障害に気をつけよう|早めの治療がカギ

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮頸部の癌

医者

子宮の下半分に位置する子宮頸部に発生する癌を子宮頸がんと言います。ちなみに子宮の上半分は子宮体部と言い、この子宮大部に癌が発生した場合は子宮体がんと呼びます。子宮頸がんは、まずは子宮頸部の上皮という粘膜部分に発生することが殆どです。粘膜に発生した癌は徐々に進行していき筋肉へ、そして膣や子宮周辺へと浸潤していきます。この深く進行した癌を浸潤がんと言います。子宮頸がんは、40歳前後の女性の発症が最も多いとされています。しかし近年では、20歳から30歳の若い女性の発症が急速に増加しています。若い女性の発症率が増加している原因として、近年の性行為経験の若年化が一つの要因と考えられています。

子宮頸がんは発症初期の段階では、自覚できる症状が殆ど現れないのが特徴です。その為、早期発見が非常に困難な癌とされています。子宮頸がんが進行していくと、不正出血や性行為中の出血、下腹部の痛みなどが現れます。これらの症状が現れたら内科、産婦人科を早期に受診するようにして下さい。子宮頸がんの治療は、外科手術による癌細胞の切除が基本となります。また外科手術の補助、癌細胞の再発予防の為に放射線療法が併用されることもあります。放射線療法とはエックス線やガンマ線を癌細胞へ照射することで癌細胞を縮小させたり、小さい癌細胞であれば破壊が可能な治療法です。また他臓器に癌細胞が転移していたり、手術後に癌細胞が再発してしまった場合は、抗がん剤による化学療法が選択されることもあります。最近では外科手術を行う前に、抗がん剤で癌細胞を小さくしてから手術を行うこともあります。