外出に備えて授乳ケープを買っておこう【商品を選ぶコツとは】

外出先での授乳に便利

赤ちゃんと女性

様々なタイプがある

授乳ケープは、外出先で授乳をしなければならなくなった際、とても便利です。授乳室が見つからない場合、授乳ケープを使用することで、お母さんの体を隠しながら赤ちゃんにおっぱいをあげられるのです。また、授乳ケープは赤ちゃんのためにもなります。慣れない外出先での授乳は、赤ちゃんにとって落ち着かないものです。そこで授乳ケープを使用して周りの景色を遮断することで、落ち着いておっぱいを飲めるのです。有名メーカーの授乳ケープは、5000円から6000円くらいはします。しかし、メーカーにこだわらないのであれば、2000円くらいでも購入することはできます。デザインも様々なので、一見すると授乳ケープには見えないようなおしゃれな物も存在します。ポンチョ型の物であれば、一見すると普通のポンチョのようにしか見えません。おんぶや抱っこの際のコートとしても使用できますし、ポケットがついていればちょっとしたお出かけにも大変便利です。エプロン型の物は、首にかける部分の長さ調節などもできるので、お母さんの体格に合わせて使うことができます。後ろにバンドがついている物なら、横からめくれる心配はありません。人によっては、わざわざ授乳ケープを購入することはせず、手持ちの大判ストールを安全ピンで留めて使っていたという人もいるかもしれません。ただし、安全ピンは気を付けないと、赤ちゃんに怪我をさせてしまう恐れもあるので、注意が必要です。授乳ケープを購入する前に、本当に必要かどうか、一度考えてみるといいでしょう。