外出に備えて授乳ケープを買っておこう【商品を選ぶコツとは】

安価なことで人気

赤ちゃんと女性

洋服感覚で選べます

赤ちゃんを連れて外出する時は、授乳ケープを持って赤ちゃんにおっぱいをあげる母親の姿をよく見かけるようになりました。一昔前までは人前で授乳をするなんて考えられないと言われていましたが、今では時代がかわったこともありますが、授乳ケープの力によるものも大きくなっています。授乳ケープは有名ブランドとコラボレーションしているものでは高価なものもありますが、一般的には数千円クラスまでの安価なものなので、一つしか買えないということではなく、季節や行き先に合わせて複数用意しておくことができるので人気になっています。上からかぶるポンチョ型の授乳ケープは周囲を完全に覆っているのでどこからも見られることはありませんが、夏の時期は暑いことが問題となります。そんなときにはエプロン型の授乳ケープであれば、背中側が空いているので背中を壁につけながら使うようにすれば母親も赤ちゃんも涼しく授乳をすることができます。授乳ケープはゆったりと作られているので広げると大きくなりますが、生地が薄いのでたためばとてもコンパクトになります。いつも持っているかばんの中に入れておいても容量を気にする必要はなく、ストール型のおしゃれな授乳ケープを買っておけば、ストールとして着用して外出をして、授乳時には前と後ろを入れ替えることによって授乳に使うことができるので、持ち物を減らすことができます。最近では1,000円しないものや機能性が優れたものなど選択肢が増えたこともあって、ネットで洋服を買う感覚で選ぶ母親が増えています。