女性は更年期生涯に気をつけよう|早めの治療がカギ

患者
このエントリーをはてなブックマークに追加

子宮頸部の癌

医者

近年若い女性に発症することが増えている子宮頸がんは、初期には自覚症状が殆どないため早期発見が困難です。不正出血や下腹部痛などが生じたら、一度婦人科にて診断してもらいましょう。がんが小さければ放射線療法でがん細胞の破壊が可能ですが、化学療法でも治療を行うことがあります。

読んでみよう

更年期を乗り越える

男性

何故不調になるのか

一般的に更年期という言葉は広まっていると思いますが、更年期障害の内容と治療法については十分に知られてはいないのではないでしょうか。更年期障害とは、女性の場合、閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することで起こります。エストロゲンの分泌量が低下すると、体の様々な機能が上手く働かなくなります。エストロゲンの低下により脳は卵巣に対して、もっと女性ホルモンを出すように指令を出しますが、その指令が周囲の脳に不要な興奮を起こしてしまうことで自律神経の調節が上手くいかなくなると考えられています。更年期障害の主な症状としては、疲労感や頭痛、苛々、動悸、目眩、不眠、気分の落ち込みなど多種に渡ります。

どのように治していくのか

更年期障害には自律神経の不調が関わっているため、自らのストレスを軽減し、規則正しい生活や充実した活動を送ることで症状の改善につながる可能性も高まります。一方、症状が重篤になると日常生活がままならなくなる方も少なくないため、その場合は専門機関で治療を受けることが望ましいでしょう。専門機関の治療では、主に3つの方法が用いられます。一つはホルモン補充療法(HRT)と呼ばれるものであり、減少したエストロゲンを補充する治療法です。次に、漢方薬を用いたものがあります。HRTが使用できない場合や、十分な効果が得られない場合に試みられます。最後に、抗うつ薬や抗不安薬などを用いたものがあります。うつや不安などの強い精神症状が見られる場合に主に用いられます。これらの治療法は、受診された方の症状に合わせて併用される場合もあります。

体に負担の掛からない治療

病院

ガン治療をしたいけど、体に負担なく進めていきたいと考えているのであれば池袋クリニックを訪ねてみましょう。高活性化NK細胞療法含めて、様々な治療内容が用意されています。無料のセミナーも定期的に開催されています。

読んでみよう

安心して治療可能

看護師

病気の中でもガンの場合、転移や再発、増殖などがあるため、きちんと治療を行なっていく必要がありますが、横浜クリニックでは様々な治療内容が用意されています。また同時にサプリメントもあるので、並行して治療を進めていくことが可能となります。

読んでみよう